肝斑と皮膚科について

肝斑に効く

肌にできてしまうと嫌になってしまう肝斑ですが、これはしっかりと対処していくことで肝斑に効く肌の手入れをしていくことができます。
肝斑を対処していくうえで欠かせないのが、皮膚科の受診を受けるということです。

 

肝斑というのはシミが悪化してしまったものですが、対処法はシミとは違ったものになることが多いので、スキンケアも大切ですがそれだけで肝斑を消すというのは中々難しいものがあります。スキンケアの内容によっては逆に悪化してしまうことさえあります。

 

皮膚科で行うこととしては一つは肌の環境を把握するということです。肝斑になってしまった原因を調べてそこから改善できるスキンケアを行っていきます。

 

もう一つとしては肝斑そのものを治療していくということです。肝斑を治療する方法としてはトラネキサム酸内服薬によるメラニンを抑制する内服薬による治療であったり、ハイドロキノン外用薬による肝斑に直接薬を塗って治す方法であったり、肌を低出力のレーザーで照射して、肝斑になっている部分を消すレーザー治療などがあります。

 

皮膚科ではきちんとした手順で治療をしていくことができるので、そういった意味でも皮膚科にいってしっかりと肌の状況を確認してからスキンケアを行っていくことが望ましいです。


関連ページ

肝斑と紫外線対策について
肝斑の主な原因の1つである紫外線対策についてです。