ホルモンバランスと肝斑について

肝斑になってしまうと肌が全体的にくすんでしまい、嫌になってしまいますが肝斑になりやすいという人には特徴があります。

 

そもそも肝斑の原因の一つはホルモンバランスが乱れることが問題で、ホルモンバランスが乱れやすい環境の一つは30代から40代の人に多いということです。これは体の中にある女性ホルモンのバランスが年とともに乱れることが原因となって発生していくもので、この年代での発症は他の年代よりもとても多い傾向があります。

 

ですが、これは一時的なもので、50代以降からは体の中のホルモンバランスが安定するため、こういった肝斑は消えることが多いようです。

 

またホルモンバランスが原因であるので、妊娠も肝斑の原因になってしまうことがあります。しっかりとスキンケアをしていて今までシミになったことがないのに、肌がくすんでいるという人は肝斑になっている可能性があるので注意しましょう。肝斑は普通のスキンケアとは少し違ったケアをしていく必要があるからです。

 

また避妊薬なども女性ホルモンを乱す原因になりますので、これをたくさん使っている人は普通の人に比べて肝斑になりやすい傾向があります。

 

ホルモンバランスを整えて肝斑を消すというのは難しいですが、病院で検査をしてもらい薬をもらうことで、治していくことができます。

関連ページ

肝斑と二つの原因
肝斑に関わる二つの原因についてです。